2009年01月29日

第2群規則動詞の活用

この第2群規則動詞はfinirやchoisirなどの
語尾がirになる動詞のことです。

本当に基本の基本の文法から見直している私です(笑)

実は、私、ir動詞の活用がなんとなく苦手なんです。
ぱっと出てこないんですね。

フランス語の全動詞の約7.5%を占めるらしいです。
でも、使用頻度はあまり多くないみたいですね〜。

ある本によると、
48位:finir  終わる、やめる
121位:réussir  成功する、うまくいく
142位:bâtir  建てる、築く、つくる
と、あまり日常的には使われない単語のようです。

まあこれはあくまでも統計上の話だし、
数ある単語のなかでと考えると上位なほうなんでしょう。

仏検には必須でしょうからきちんとおさらい。

↓ 活用表を久しぶりに作成

ir動詞 活用表

【finir】
je finis (フィニ)
tu finis (フィニ)
il finit (フィニ)
nous finissons (フィニッソン)
vous finissez (フィニッセ)
ils finissent (フィニッス)


posted by Chloé at 13:45| Comment(4) | フランス語の文法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Bonjour!
Merci pour votre message sur mon blog.
第2群規則動詞は形容詞から作られてる動詞が多いですね。
例えば:
jaune->jaunir(黄色くなる・黄色くする)
rouge->rougir(赤くなる・赤くする)
vert->verdir(緑色になる・緑色にする)
grand->agrandir(大きくする)
など…
Posted by Cyril at 2009年01月31日 01:20
Cyrilさん

こちらにまで遊びにきてくださってありがとうございます。

なるほどー形容詞から作られてる動詞が多いのですね!!
早速覚えておかなくちゃ!
Posted by Chloe at 2009年01月31日 10:11
たった「2つのパターン」で、不規則動詞の7割以上が「規則動詞」になります。
あとは、「反復マシーン」で、「繰り返し練習」をすれば、確実に身に付きます。

「パターン1」語幹 -X- 共通語尾:「-トル-」型
例えば、servir の場合、現在分詞は「servant」ですが、これを「ser-v-ant」とします。すると、
直説法現在単数では、「-v-」を取り去り  je ser-s, tu ser-s, il ser-t,
直説法現在複数では、「-v-」をそのまま nous ser-v-ons, vous ser-v-ez, ils ser-v-ent,
直説法半過去活用は、「-v-」をそのまま  je ser-v-ais, tu ser-v-ais, il ser-v-ait,
nous ser-v-ions, vous ser-v-iez, ils ser-v-aient,
接続法現在活用でも、「-v-」をそのまま  je ser-v-e, tu ser-v-es, il ser-v-e,
nous ser-v-ions, vous ser-v-iez, ils ser-v-ent, となります。
「パターン1」は、第2群規則動詞でも確認できます。第2群規則や動詞群を覚える必要は、ありません。

「パターン2」語幹 -Y- 共通語尾: 「-Y-」型
例えば、croir の場合、現在分詞は「croyant」ですが、これを「cro-y-ant」とします。すると、
直説法現在活用では、
「-y-」を「-i-」に代えて  je cro-i-s, tu cro-i-s, il cro-i-t, ils cro-i-ent, 
「-y-」をそのまま nous cro-y-ons, vous cro-y-ez,
直説法半過去活用は、全て
「-y-」をそのまま  je cro-y-ais, tu cro-y-ais, il cro-y-ait,
nous cro-y-ions, vous cro-y-iez, ils cro-y-aient,
接続法現在活用でも、
「-y-」を「-i-」に代えて  je cro-i-e, tu cro-i-es, il cro-i-e, ils cro-i-ent,
「-y-」をそのまま nous cro-y-ions, vous cro-y-iez,
即ち、「直説法現在の語幹と同じ」(+ 接続法現在共通語尾)となります。
また、avoir の接続法現在活用も、この「-Y-」型活用の一種、と言えます。

まず、現在分詞一つ覚えれば、「各パターンの規則通り」展開できます。
なお、現在分詞は、しばしば、「派生名詞」から容易に、類推できます。
例示:「ser-v-ante = 家政婦、女中」 「cro-y-ance = 信念、信頼」
更に、現在分詞を見れば、「-トル-」型か「-Y-」型か、一目瞭然です。

「繰り返し練習」用「反復マシーン」:「6000byフランス語動詞活用マスター」は、
ベクター・サイトよりお求め頂けます。「無料お試し」もできます。
「上記パターン」と「電子暗記カード」を組み合わせた「仏語動詞活用反復ドリル」です。
http://www.vector.co.jp/soft/winnt/edu/se480045.html

追伸:掲載して頂ければ、ライセンス・キー(解除用パスワード)を、内緒でお知らせ致します。
   URLを明記の上、ご連絡下さい。
Posted by 藤田武史 at 2011年04月11日 15:42
香水 gucci
Posted by gucci バッグ at 2013年07月13日 19:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。